足場撤去

2017年7月31日

どうも。つっちーです

S様邸の足場がとれました

後は内装を仕上げて完成となります

zenkei

暑い中ですが熱中症に気をつけていきましょう

上棟

2017年7月27日

どうも!つっちーです

U様邸の上棟がありました

kiso

dodai

基礎の墨出し、土台敷きを経て、

dannetsu

床断熱を仕込みます

yukagouhan

そして床合板を土台に留めつけます

このとき既に柱が刺さる部分はカットされた状態で入ってきます

yukagouhan2

そして建て方ですが、今回は立地条件により
レッカー車が作業できる範囲が限られています

レッカーが届かない範囲は人力で作業をします

kesyoubari

木地がそのまま仕上げになる梁(化粧梁)は気をつけて取り扱います!

zyoutou

そして母屋まで組み上げて、

yanegouhan

屋根合板を張っていきます

上棟はいつ見ても大工さんの技術に脱帽です!

上棟式

2017年7月14日

どうもつっちーです

S様邸の上棟式があったのにアップを忘れていました
順序としてはテレコになりますが写真を上げます

joutousiki1

joutousiki2

上棟式は略式で行なった為、神主さんはいらっしゃいませんでした
棟梁と施主様で四方にお清めの奉献酒、お塩、お米を撒きました

すべての職人さんが安全に工事が出来るように祈願し、御幣は軒裏に納めました

yanehuki

そして屋根葺きも行なわれ、その他の雨仕舞いが完了すると
天候に左右される作業が少なくなるので一安心です

もう夏ですね

2017年7月13日

どうも。つっちーです

セミが鳴き始めましたね
暑い中、作業してくださる職人さんに脱帽です

S様邸の工事はどんどん進んでいきます
雨天により工程がずれこんでくる事もありますが、今のところ許容範囲です

tennjou1

dannetsu

内装工事は天井ボードの下地、断熱材の施工が進み、

doubuchi

saidyingu

外装は透湿防水シートと通気胴縁、サイディングの施工と進んでいきます

U様邸もいよいよ着工です
着工に先立ち、地鎮祭を行ないました

zitinsai

okiyome

施主様が良く知っておられる神主さんにきていただきました

暑いですので熱中症には気をつけながら、安全第一でいきましょう!

地縄に向けて

2017年7月10日

どうも!つっちーです。

U様邸が新しく始まりましたので、カテゴリーもまた一つ増えました

まずは設計図どおりの場所に建物がちゃんと建つように
測量士さんに建物配置の測量をしてもらいました

sokuryou1

sokuryou2

マイナスイオンたっぷりの敷地です

冬はびっくりするぐらい寒いそうで、、、
夏の工事でよかったです!

木杭で正確な場所を示しています

この測量を元に、建物の形状を縄で囲って(地縄)、
基礎屋さんと打ち合わせしてきます!

上棟後

2017年7月5日

どうも。つっちーです

S様邸の上棟が終わり、中の作業が徐々に進んできました

suzikai

木造住宅の要、耐力壁になる筋交いや、

hitui

小屋部分には鋼製火打ちが入りました

一方、設備関係はというと、

kyuusui

1階のユニットの下に給水の配管を転がしています

赤がお湯で、青が水です
わかりやすいですね!

上棟!上等!

2017年6月28日

どうもつっちーです
更新が滞ってしまいました

あれからS様邸は無事に上棟しました

zyoutou

上棟は非常に危険が伴う作業、かつ何が何でも
1日で終わらせないといけない作業です
(レッカー車の手配や雨が降ることを考慮して)
なので殺伐とした雰囲気で、まさに戦場!喧嘩上等!と言わんばかりです

でも1日で屋根までの骨組みが出来上がるのは圧巻で、
大工ってすごいなと感じる瞬間です

木造の軸組は金物をたくさん使います
その中でも変わっているのは土台プレート

dodaipure-to

上階からの荷重が大きく、柱がめり込んでしまう事を防ぐプレートです
最近これを使う物件が増えてきましたね

土台敷き

2017年6月13日

どうもっ つっちーです

暑くなったり肌寒くなったりで、体調管理には気をつけないといけませんね

S様邸の更新が滞っておりました
基礎打設も無事に終わりました

kisodasetsu

そして土台敷きも行なわれました

dodaiziki

建物の大きさがイメージできるようになってきました
このまま天候がもつといいな

捨てコン

2017年5月31日

どうも つっちーです

S様邸の基礎工事です
建物の基礎は平らではなく、構造計算や冬に土が凍る(凍結深度)などの理由で
地面よりも深く掘り下げる必要があります
それを「根入れ」といい、外周部と内部の必要な箇所を掘り下げます

砕石を撒き転圧、透湿防水シートをかけ「捨てコン」を打ちます。
捨てコンクリートの略で、構造上の意味はないコンクリートのことです

これはこの後の基礎の型枠を正確に組むための印(墨出し)をつける下地として、
基礎の下端の型枠として施工します

建物が建つと見えなくなるところですが、この作業をないがしろにはできません
きちんと墨出しをし、ミリ単位で基礎の型枠を組むためには気を抜けません
sutekon

足場解体

2017年5月30日

どうも つっちーです

いやー、あついっ!

この一言に尽きます
現場の職人さんも熱中症対策を既に始めてました

今日はJ様邸の足場解体工事がありました。
前後にしか足場が組めないほどの狭小地

サイディング屋もタイル屋も苦労しながら施工してくれました

内部工事はまだまだこれからですが、全体像を見るとほっとしますね

ちなみに外壁タイルはリクシルの「彩琳(さいりん)」
つや有りとつや消しのタイルが混ざっているので締まって見えますね
ashibakaitai