HOME » よくあるご質問 » 長期優良住宅はどこが違うの?

長期優良住宅はどこが違うの?

「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」というストック型社会への転換を図るために、平成21年6月4日に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。
長期優良住宅は、劣化対策、耐震性、省エネルギー性などの住宅性能が高く、良質な住宅を普及させ将来世代に継承するために、様々な優遇措置がはかられています。
長期優良住宅の基準をクリアした住宅は、
(1)住宅ローンの優遇措置(最長50年の住宅ローン【フラット50】・【フラット35S】)が受けられること
(2)税制控除(住宅ローン減税・登録免許税・不動産取得税・固定資産税)の負担も軽減されます。

記事はありません。

お問い合わせ(どのようなことでも、 お気軽にお問い合わせください。)06-6845-7242 お問い合わせフォーム
PAGETOP
住宅ローンについて

住宅ローンの金利や審査基準についてや住宅ローン全般を、わかりやすく紹介しています。

よくあるご質問
住宅エコポイントって?
住宅エコポイントは、地球温暖化対策の推進及び経済の活性化を図ることを目的として、エコ住宅の新築やエコリフォームに対して一定のポイントを発行し、これを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度です。

もっとみる


Copyright © BeFirst Co.Ltd.