HOME » 住宅ローンについて » 住宅ローンのしくみ

住宅ローンのしくみ

まず何から始めるの?

まずは「家計」を把握することから始めましょう。
今の時点で収入がいくらあり、支出がどれぐらいかを把握します。そして、自己資金(貯金や身内からの援助等)がどれぐらいか、それも資金計画に反映します。
また、今後の教育費や共働きを前提としている収入がいつまで可能か、先を見越して余裕を持った資金計画を立てなければなりません。住宅ローンのご相談を受ける前に、一度家計を見直し、これらを十分に把握することが大切です。

住宅ローンって?

家を建てる時や不動産を購入する時、多くの方が「住宅ローン」を組みます。大きな金額が必要になりますので、金融機関等から借りるのが一般的ではありますが、借りる銀行もローンの商品もいっぱいあるので、よくわからないことと思います。簡単に何が違うかというと、大きく分けて2点あります。
1つ目は、ローンの返済額(諸費用等も該当)が違う
2つ目は、金融機関によって借りれない場合がある
ということです。

変動金利・固定金利は聞かれたことがあると思いますが、これらの商品の違いを平たく言えば、金利、つまり支払額が変わってくるということです。併せて諸費用が要る、要らないもそれぞれの金融機関や商品によって違ってきますので、確認が必要になります。
また、融資の申込み際してお客様の審査を行いますが、この基準もそれぞれ違いがあるため、借りれる借りれないということが起こってきます。なお、審査の対象は建築予定の住宅や土地(購入予定の不動産)にも関わります。

事前審査

住宅ローン審査は事前審査(仮審査)と本審査の2段階で行われます。
事前審査で否決されると本審査に進めませんし、たとえ事前審査で承認されても本審査で否認されたり、条件付き決済となることもあります。事前審査の際の提出書類としては、会社員の方は所得証明書類として源泉徴収票。会社を経営されている方や自営業の方は、会社の直近2~3年分の決算書や確定申告書類を添付するのが一般的です。
これらの書類をもとに、一番重要になる「返済比率」を算出します。返済負担率とは、年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合で、次の計算式でチェックします。
返済負担率=年間返済額÷年収(額面)×100
金融機関等によって異なりますが、返済負担率が30%を越えると否認(または希望融資金額の減額)される可能性が高くなります。また年収が低いほど返済負担率の値が低くなります。加えて、勤務形態や勤続年数も多くの場合は審査対象となってきます。

お問い合わせ(どのようなことでも、 お気軽にお問い合わせください。)06-6845-7242 お問い合わせフォーム
PAGETOP
住宅ローンについて

住宅ローンの金利や審査基準についてや住宅ローン全般を、わかりやすく紹介しています。

よくあるご質問
住宅エコポイントって?
住宅エコポイントは、地球温暖化対策の推進及び経済の活性化を図ることを目的として、エコ住宅の新築やエコリフォームに対して一定のポイントを発行し、これを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度です。

もっとみる


Copyright © BeFirst Co.Ltd.