HOME » ビーファーストの構造設計 » 構造設計の流れ

構造設計の流れ

構造設計の大まかな検討内容を紹介します。

構造計画では、施工性や経済性、意匠設計や設備設計との統一性などを考慮しつつ、どんな構造部材を使用し、どんな構造形状・形式にするかなどの構造全般についての計画を行います。


構造計算では、計画した構造各部の性能や安全性を確認します。例えば、床や梁の荷重に対する応力や、地震や風などの外力に対する柱・梁・土台・壁などの応力、大地震に対しての検討などを行います。

  • ・荷重計算・・・建物各部の重さを設定
  • ・外力計算・・・自然現象(地震力・風圧力・積雪荷重)などの力を計算
  • ・応力計算・・・建物の骨格にかかる負担や壊れ方を計算
  • ・断面算定・・・材料・工法・骨組を決定

構造計画・構造計算に基づき、構造図を作成します。

  • ・基本構造図の作成・・・全体の形状を提示
  • ・構造詳細図の作成・・・材料・工法など各部の詳細を明記
お問い合わせ(どのようなことでも、 お気軽にお問い合わせください。)06-6845-7242 お問い合わせフォーム
PAGETOP
住宅ローンについて

住宅ローンの金利や審査基準についてや住宅ローン全般を、わかりやすく紹介しています。

よくあるご質問
住宅エコポイントって?
住宅エコポイントは、地球温暖化対策の推進及び経済の活性化を図ることを目的として、エコ住宅の新築やエコリフォームに対して一定のポイントを発行し、これを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当することができる制度です。

もっとみる


Copyright © BeFirst Co.Ltd.